アウトドアの最適アイテム商品や楽しみ方とは!?

アウトドアのカナブーンレジャーやスポーツとは

アウトドアとは?

近年アウトドアを楽しむためのグッズやギアが多種多様に数多く販売され、より快適、より有効にその活動をサポートしてくれます。
以前は初心者にとってはいささか敷居が高い観もあったのですが、今や初めての人からエキスパートまでそれぞれの楽しみ方ができるようになっています。

ところで、現在アウトドアというとキャンプやトレッキング、ハイキング、釣りなどを指すことがほとんどですが、正式にはアウトドア・アクティビティといい屋外で行なうスポーツやレジャー全般を意味します。
したがって、野外体験活動や野外教育活動、野外学習活動なども含まれるのですが、今では一般的にレジャーやスポーツを指すことがほとんどです。

キャンプのかたちも昔とは変化している

本来屋外での活動というのは日常生活とは異なるために、多少の不自由を感じながら空間や時間を楽しむのが醍醐味なのですが、近年は屋外でも日常生活と変わりない生活を送りたいと考えるケースも増えています。
たとえばキャンプですが、以前はテントを張って寝袋で寝るいわゆる「野宿」といったイメージだったものが、今やしっかりと作りつけされた家のような空間の中に電気や水道といったライフラインがあり、これらを利用するテレビやオーブン、風呂、さらにはエアコンといった設備の整った「グランピング」と呼ばれるキャンプ方式の施設も人気です。
食事もピザなどのデリバリーサービスを頼むこともできます。
そこまででなくても、前述したようにいろいろなグッズがたくさんありますから、それらを利用すればいくらでも快適な空間を演出できます。
今ではアウトドアは不自由を楽しむものではなく、いかに快適に自然を楽しむことができるかということが大きなポイントとなっているようです。

キャンプ道具は必要なものを必要なだけ

したがって、使用する道具もその時々で使い分ける必要があります。
ここでもキャンプを例に挙げますが、列車でキャンプ場に行くこともあるでしょう。
そんな時にテントやシュラフ、タープ、バーナー、その他のキャンプギアをすべて持っていくことは難しいでしょう。
大きな荷物を持ち運ぶのも大変ですし、他の乗客の迷惑にもなりかねません。
ですから最低限の荷物にまとめて、たとえばテントはキャンプ場の常設テントを借りたりコテージやバンガローに泊まるという選択もできるわけです。
その他シュラフをはじめとするさまざまなギアをレンタルしてくれるキャンプ場もたくさんありますから、それを利用すれば自分で荷物を持っていかなくてもキャンプを楽しむことが可能となります。
さらにキャンプ場で食材なども購入できますから、着替えさえ持っていけばまさに「手ぶら」でキャンプができるのです。

自分が納得できれば楽しみ方は人ぞれぞれ

近年はいろいろなグッズを揃えていかに快適なキャンプ生活を送れるかという点に主眼が置かれている観がありますが、肝心なのは「そこでどこまで自分が納得できるか」という点ではないでしょうか。
キャンプは不自由を楽しむことと考えるのであれば従来からのやり方でテントを張って薪や炭に火を起こして食事を作って、ランタンの火の中で食べ、星空を楽しみながらゆったりとした時間を過ごすというスタイルが好ましいでしょう。
一方キャンプでも日ごろと変わりない生活を送りたい、ただある程度は自然と交わりたいという人ならグランピングでエアコンの効いた室内でテレビを見ながら、ピザを注文してワインでも飲みながら優雅な1日を過ごすのも一興かもしれませんね。

こだわりを捨てて楽しみましょう

要はその人の楽しみ方次第でどんなアプローチでも可能なのです。
これが正しい、こうでなければならないというものはありません。
子どもが小さければ本格的なキャンプはなかなか難しいかもしれませんから、それならできる範囲内においてキャンプの楽しみを味わうのが好ましいといえます。
道具が足りなければレンタルしたり、なければないなりに自分で工夫して日ごろの生活で使用しているもので代用することもできます。

アウトドアは懐の深いアクティビティです。
その人の思いや考え方、力量、経験、その他さまざまな点に合致するやり方で楽しめばいい点が受けて参加人口を増やしているのでしょう。
これまで避けていた人も、ぜひトライしてみてください。
その楽しさ、面白さにきっとはまることでしょう。
やり方は人ぞれぞれ、その人なりの楽しみ方でいいのですから。

【こちらも併せてお読み下さい】

アウトドアブランドを20選!
日本オートキャンプ協会